たそがれ日誌

*

西郷隆文(陶芸家)の先祖は西郷隆盛?結婚した嫁や子供は誰?年収を調査!!

   

陶芸家の「西郷隆文」さんがTBSで

11月21日月曜日に放送される

7時にあいましょう 有名芸能人Xは明智光秀の末裔!?今夜新たな歴史が!」で

取り上げられますね。

 

番組では「真田幸村」や「豊臣秀吉」や

「明智光秀」や「ペリー」の子孫の方たちに

焦点をあてていくようです。

 

今回初めて知ったのですが、

ラジオのパーソナリティやテレビのナレーターとして

活躍をされている「クリス・ペプラー」さんは

戦国時代の武将の「明智光秀」の

末裔なんだそうです。

 

明智光秀というと主君だった

「織田信長」を反旗を翻して自害に追い込み

日本の歴史の流れを変えてしまった

重要人物ですよね。

 

彼自身は、父上がドイツ系アメリカ人

で母上は普通の日本人なんだそうです。

 

クリス・ペプラーさんはまだ小さい頃に

母方のお婆さまからあなたは明智光秀の

子孫だということを聞かされて育った

そうです。

 

機会があれば織田信長の子孫で

元フィギュアスケートの選手だった

「織田信成」さんとご先祖について

対談してもらいたいですよね。

 

日本史のファンはその光景に

興奮を覚えるのではないでしょうか?

 

今回出演をされる西郷隆文さんですが

番組によると彼は幕末から明治にかけて活躍した

西郷隆盛」の末裔なんだそうです。

 

西郷隆盛というと上野恩賜公園にある

銅像が有名で西南の役で悲劇的な死を

遂げていますよね。

 

今回初めて西郷隆文さんのお姿を

拝見したのですが、風貌や顔立ちが

あまりにもご先祖様の西郷隆盛に

似ていてとても驚かされました。

 

今後、時代劇や歴史番組の再現映像で

西郷隆盛の役をぜひ彼に演じてもらいたい

なと思ってしまいました。

 

今回はTBSで11月21日月曜日に放送される

「7時にあいましょう」に出演をされる

西郷隆盛の末裔で陶芸家の西郷隆文さんに

ついて調べ簡単にまとめてみました。

 

Sponser Link

 

 

●西郷隆文さんの経歴

img_boss_ph1出典:www.saigoutakamori.or.jp

西郷隆文(さいごう たかふみ)

生年は1947年

年齢は69歳

出身地は奈良県奈良市

日置南洲窯代表、西郷庵庵主、特定非営利活動法人西郷隆盛公奉賛会理事

 

西郷隆文さんは奈良県奈良市に

生を受けていますが、父親の仕事の都合で

京都で過ごし5歳になるとお母さんの

出身地で実家がある鹿児島県日置市へ、

さらに中学3年生になると鹿児島へ

引っ越しています。

 

ちなみに彼のお祖父さんは

西郷隆盛が奄美大島に島流しにあっていた

ころに出会い結婚した

妻の「愛加那」との間にできた

西郷菊次郎」です。

 

菊次郎と聞くとタレントや

映画監督して不動の地位を築いている

「ビートたけし」さんのお父さんのことを

思い出してしまいますが、

ご自身は西郷隆盛から3代下の

ひ孫にあたるそうです。

 

彼は鹿児島県の大学を卒業すると

衣料品を扱う企業に就職し東京で

生活をされていました。

 

ある日、高校生のころの美術の先生で

陶芸家の「有山長祐」さんが1970年に

日展に初めて入選したときに一緒に

西郷隆文さんも上野美術館を訪れました。

 

館内で今まで見たこともなかったような

色鮮やかで前衛的な作風の焼き物に

心を奪われてしまったことが、

陶芸の世界に入るきっかけだったそうです。

 

3年後の25歳のときにそれまで

勤めていた会社を退職し故郷の

鹿児島にあった有山長祐さんの

長太郎焼本窯」で5年間修業

されています。

 

その後1978年に独立することになり

母方のお祖母さんのアドバイスもあり

鹿児島県日置市日吉町にある大乗寺の

跡地に自身の工房である

日置南洲窯」を開いています。

 

ちなみにこの場所は彼の母親の

菩提寺があったそうで墓守をすることを

条件に窯を開くことを許されたそうです。

 

独り立ちした西郷隆文さんでしたが、

10年間は中々出来上がった作品が売れず

苦労をされたそうですね。

 

40歳を過ぎると徐々に自身の存在が

知られるようになり、1点2点と

作品が売れていくようになったそうです。

 

その後、1997年に鹿児島県の

陶業組合」を結成し理事長に就任し

薩摩焼フェスタなどの運営や

国の伝統工芸品指定や薩摩焼の普及や

後進の育成に尽力し現在に至ります。

 

■年収は?

 

Sponser Link

 

西郷隆文さんは陶芸家として

活躍をされていますが、気になる

年収について調べてみました。

 

陶芸で身を立てているといっても

雇われていて賃金をもらっている人と

独立して個人事業主として活動を

されている人がいるそうです。

 

雇われている人は約50万から300万円

 

個人事業主の方は国から人間国宝に

認定をされて人気作家になると

1500万円から3000万円

になるそうです。

 

もちろんここまでになる方は

ごくほんの一握りで多くの人が

まともな生活が出来ず挫折をして

いくそうです。

 

作品の材料も土や釉薬やまきや

電気代などの光熱費などの経費も

意外と多くかかるそうです。

 

■結婚した嫁や子供は誰?

気になる西郷隆文さんが結婚をされた

嫁さんについて調べましたが残念ながら

詳細は不明でわかりませんでした。

 

彼が現在、結婚をしているのか

独身なのかもわかりませんでした。

 

当然子供さんがいるのか

どうかもわかりませんでした。

 

詳しいことがわかり次第追記しますね。

 

立派なご先祖様もあの世で

可愛いひ孫の作品や活動を

見守ってくれている

ことではないでしょうか。

 

今後も西郷隆文さんが

陶芸家として活躍していって

もらいたいなと思いました。

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponser Link

 

 - 自然・歴史