たそがれ日誌

*

森野恭行さん(自動車評論家)の死因は事故死?wiki情報を調査!!

      2016/09/13

21_l

●森野恭行さんが事故死!?

自動車評論家として著名な「森野恭行」(もりの やすゆき)さんが事故にあってしまい亡くなられたとニュースになっています。

 

「森野恭行」さんは愛車のポルシェを運転中にスピードを出し過ぎたのか、カーブを曲がり切れず道路のセンターラインをはみ出してしまい道路の脇に生えていた樹木に激突してしまったそうです。

 

「森野恭行」さんは救急車で病院まで運ばれましたが、残念ながら全身を強く打っており亡くなられてしまったとのことです。

 

ポルシェみたいなスポーツカーを運転していると、ついスピードを出し過ぎてしまい、カーブを曲がり切れなかったということでしょうか?

 

自動車評論家というと自動車の性能や危険性について熟知しているはずなのですが、盲点のようなものでもあったのでしょうか?

 

「森野恭行」さんが乗っていた白いポルシェは出版社から借りていたものだったそうです。

 

出版社の知人にでも頼まれて「森野恭行」さんはエンジンの性能やステアリングの利きでも確かめようとでもしていたのか、当事者ではないのでわかりませんね。

 

今回は事故にあわれて残念ながらお亡くなりになった自動車評論家の「森野恭行」さんについて調べ簡単にまとめてみました。

 

Sponser Link

 

 

●森野恭行さんのwiki風プロフィール

20160412061724

1963年生まれの53歳でした。

東京都世田谷区在住。

職業は自動車評論家カーリポーターモータージャーナリストになります。

歩く自動車辞典との異名を持つ。

日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務める。

モットーは「クルマの運転は楽しい!」、「クルマは人の生活を豊かにするモノ」。

 

「森野恭行」さんに家族がいらっしゃるのかどうかは調べてもわかりませんでした。

 

「森野恭行」さんは仕事柄、数々の自動車を試乗されてきたそうですが、やはり一番のお気に入りはポルシェで自身の愛車は、「ポルシェ911」だそうです。

 

「森野恭行」さんは自動車専門誌でアルバイト、編集プロダクションでは社員を経験し、その後1984年に独立しフリーの自動車評論家として第一線で活躍されていました。

 

■死因は事故死?

 

Sponser Link

 

事故の目撃者だった見物人の

話では相当なスピードが出ていた

とのことで、いくら

マツダ ターンパイク箱根」が

有料の道路だったとしても

やはり無謀な運転だったのでは

ないかと思いました。

 

今回の事故のニュースを聞き

自動車を運転するときには

気を引き締めてスピードの

出し過ぎにも気を付けて

いきたいなと思いました。

 

今回亡くなられた自動車評論家の「森野恭行」さんのご冥福をお祈りします。

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponser Link

 

 - 社会