たそがれ日誌

*

猪子寿之の彼女や両親は誰?おねえの噂がある?美人秘書を調査!!

      2016/09/10

実業家やアーティスト集団

チームラボ」の代表として

活躍をされている

猪子寿之」さんが

7月1日金曜日にNHK総合で放送される

スタジオパークからこんにちは」に

出演をされますね。

 

猪子寿之さんは7月11日に放送される

「プロフェショナル仕事の流儀」にも

出演されることが決まっていて現在注目を

されている方です。

 

猪子寿之さんはシンガポールにある

アートサイエンス・ミュージアム」で

FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE

という巨大なデジタルアートの常設展を

開催し現地では大好評だったそうです。

 

シンガポールはデジタル先進国で

猪子寿之さんは政府から招かれた

んだそうです。

 

猪子寿之さんは海外でも注目を集めている

アーティストの一人なんだそうです。

 

今回は「スタジオパークからこんにちは」に

出演をされる猪子寿之さんについて調べ簡単に

まとめてみました。

 

Sponser Link

 

 

●猪子寿之さんの経歴

p006  出典:sankeibiz.jp

猪子寿之(いのこ としゆき)

生年月日は1977年4月15日

年齢は39歳

出身地は徳島県

学歴は東京大学工学部計数工学科を卒業

アーティスト集団チームラボ代表

 

猪子寿之さんは「徳島県立城東高等学校」を

経て「東京大学」の「計数工学科」の同級生と

共に1998年にチームラボを立ち上げた

んだそうです。

 

猪子寿之さんは漢字が苦手遅刻癖があり

スケジュールを管理することが出来ない

いった社会人としては基本的なことが

抜けてしまっている面があるんだそうです。

 

しかし猪子寿之さんはチームラボで

プログラマー、エンジニア、数学者、

建築家、デザイナーといった専門家を

400人以上も統率しデジタルアートの作品を

発表し続けているそうです。

 

400人以上のプロフェッショナル集団を

率いるなんて猪子寿之さんは本当にすごい方

なんですね。

 

猪子寿之さんは作品の革新性や

独創性が高く評価されて

日本のスティーブジョブズ」の

異名を持っているんだそうです。

 

また作品は「ニューヨークタイムス」や

ウォールストリートジャーナル」で

紹介されたこともあるんだそうです。

 

日本にこんな海外でも通用する

アーティストがいるなんて、同じ日本人と

して誇らしい気持ちになりました。

 

■美人秘書?

 

Sponser Link

 

猪子寿之さんの秘書をされている

大木絵美」さんという女性が美人だと

評判になっているんだそうです。

(大木絵美さんの画像はこちらになります)

 

大木絵美さんの経歴

出身地は山梨県甲府市

学歴は甲陵高等学校を経て津田塾大学を卒業

 

大木絵美さんは2011年6月より

チームラボに所属し活動をされて

いるんだそうです。

 

チームラボは月に一度の経営会議で

取締役が集まるんだそうです。

 

その会議の出席者が同僚の仕事ぶりを

評価し賛同者がいると3万円の単位で

昇給しているんだそうです。

 

大木絵美さんも大きなやりがいになると、

この制度を評価しているようです。

 

■おねえの噂がある?

猪子寿之さんは以前に「アナザースカイ

などのテレビ番組に出演をされましたが、

その時のしゃべり方が「おねえ」のようだった

と話題になっていたそうです。

 

番組を見ましたが、独特な軽い感じの

しゃべり方で、個人的にはミュージシャンの

小室哲哉」さんにちょっと話し方が似ている

なと感じました。

 

おねえ系かどうかはわかりませんでしたが、

アーティストというより夜の世界で生きている

人のような印象を持ちました。

 

■両親は誰?

猪子寿之さんの両親は地元の徳島で

歯医者をされていてクリニックを

経営されているんだそうです。

 

このクリニックは猪子寿之さんの

お祖父さんがはじめられたそうで、

お父さんは2代目だったんだそうです。

 

猪子寿之さんも当初は病院を継ぐ

つもりでいたそうですが、結局は

別の道に進まれたそうです。

 

■彼女は誰?

気になる猪子寿之さんの現在の彼女に

ついて調べましたが、残念ながら

詳細は不明でわかりませんでした。

 

ちなみに大学在学時には交際をしている

女性がいて同棲するほどの仲だったんだそうです。

 

猪子寿之さんは結婚についてあまり

必要性を感じていないそうです。

 

猪子寿之さんは仕事が多忙で世界中を

転々とされているそうなので、寂しさを

感じる暇もないのかもしれませんね。

 

今後も猪子寿之さんがデジタルアーティスト

として活躍し世界を代表するような存在に

なっていってもらいたいなと思いました。

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponser Link

 

 - 社会