たそがれ日誌

*

キアロスタミ監督が死去!!死因は?高梨臨や加瀬亮をいじめた?経歴を調査!!

      2016/09/10

イラン出身の映画監督の「キアロスタミ」さんが病気の治療のため滞在していたパリで亡くなられたことが話題になっています。

 

ネット上の反応は

 

様々な反応がありますね。

 

キアロスタミさんは病気の治療でパリに滞在していたそうですが、何の病気だったんでしょうか?

 

気になりますね。

 

今回は病気の治療で滞在していたパリで亡くなられたことが話題になっているキアロスタミさんについて調べ簡単にまとめてみました。

 

Sponser Link

 

 

●キアロスタミ監督の経歴

main  出典:cinematoday.jp

アッバス・キアロスタミ

1940年6月22日~2016年7月4日(満76歳没)

出身地はイランのテヘラン

学歴はテヘラン大学芸術学部を卒業

職業は映画監督、脚本家、写真家

 

キアロスタミさんはイランの首都のテヘランで生まれています。

その後、「テヘラン大学芸術学部」を卒業するとグラフィックデザイナーとして活動をされていました。

30歳を過ぎるころから映画の制作もはじめるようになり1970年に短編映画「パンと裏通り」で映画監督としてデビューを飾っています。

1987年に制作した「友だちのうちはどこ?」で世界的に注目をい浴び日本でも人気作となったそうです。

またキアロスタミさんは可愛がっていた弟子の「ジャファル・パナヒ」さんの初監督作品の「白い風船の」の脚本も手掛けているそうです。

キアロスタミさんは愛弟子思いの監督でもあったようですね。

1997年に公開をした「桜桃の味」は日本の映画監督の「今村昌平」さんの「うなぎ」と共に「カンヌ国際映画祭」の最高賞である「パルム・ドール」を受賞しています。

1999年に公開した「風が吹くまま」は「ネチア国際映画祭」の審査員特別賞を受賞しています。

キアロスタミさんはドキュメンタリータッチの作風が世界的にも高く評価されている監督だったそうです。

 

■高梨臨や加瀬亮をいじめた?

 

Sponser Link

 

日本の俳優の「高梨臨」さんと「加瀬亮」さんは2012年に公開された「ライク・サムワン・イン・ラブ」に出演をされています。

この映画は当初「The End」ととして仮のタイトルが発表されていたんだそうです。

ヒロインも当初は「宮崎あおい」さんとなっていましたが、後に高梨臨さんと公式に発表されたという経緯があります。

キアロスタミさんは妥協を許さない姿勢があり高梨臨さんと加瀬亮さんは当初戸惑ったそうです。

具体的にいうと高梨臨さんにたいし容赦なく「下手くそ!」と言い放ち、言われた本人は監督にいじめられたと語っていたそうです。

加瀬亮さんにたいしては「お前の演技は見たくない」と言い「スクワットを100回しろ!」と指示されたそうです。

少々体育会系な監督だと思ってしまいましたが、高梨臨さんは苦笑しつつも緊張をほぐしてくれたと語り加瀬亮さんも計算や邪念を取り除いてくれたと感じているそうです。

キアロスタミさんは予定調和な演技を嫌っていて、その姿勢が世界的に評価されている映画を生み出す原動力の一つになっているのではないかと思いました。

 

■死因は?

キアロスタミさんの死因は「腸がん」だったそうです。

腸がんには「大腸がん」と「直腸がん」があるそうです。

・大腸がんとは

大腸がんは、長さ約2mの大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすい。大腸がんは、大腸粘膜の細胞から発生し、「ポリープ(腺腫)」という良性の腫瘍の一部ががん化して発生したものと正常粘膜から直接発生するものがある。そのスピードはゆっくりである。大腸がんは、粘膜の表面から発生し、大腸の壁に次第に深く侵入していき、進行するにつれて、リンパ節や肝臓や肺などのほかの臓器に転移する。

 

・直腸がんとは?

直腸がんとは、大腸の直腸の部分にがん細胞が認められることである。一般に大腸がんと言われているのは、この直腸がんと結腸がんの総称である。そして、直腸がんは大腸がんの中の約5分の2を占める。また、男女比では6:4と若干男性の発生率が高い。

主な発生の原因は、欧米の食習慣が広まったことによる動物性の脂肪の摂取量増加にあるとされている。発がんの予防に有効なのは、不飽和脂肪酸が多く含まれる魚、食物繊維が多く含まれる野菜や果物、β(ベータ)カロテンを多く含む緑黄色野菜を摂取することである。

 

ganchiryo.comより引用

 

大腸がんは近年食の欧米化により日本でも増えているんだそうです。

普段から肉を控え目にし緑黄色野菜をふんだんにとって食生活を気を付けたいなと思いました。

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponser Link

 

 - 芸能