たそがれ日誌

*

湯木佐知子(ささやき女将)の現在(今)は?不祥事の影響は?経歴•プロフィールを調査!!

      2016/09/28

かつて大阪にあった高級料亭の「船場吉兆」の女将で

社長でもあった「湯木佐知子」さんが8月5日金曜日

にTBSで放送される「爆報!THE フライデー」で

取り上げられますね。

 

湯木佐知子さんといえば、船場吉兆が不祥事

起こしたときの記者会見で、息子さんが返答に

窮しているときに隣で、ささやきアドバイスを

送っている姿が話題になっていましたよね。

 

自分もその時の映像を見てまるで「いっこく堂」さん

の腹話術のようだなと笑ってしまいました。

 

今回は8月5日金曜日にTBSで放送される

「爆報!THE フライデー」で取り上げられる

船場吉兆のささやき女将こと湯木佐知子さんに

ついて調べ簡単にまとめてみました。

 

Sponser Link

 

 

●湯木佐知子さんの経歴(プロフィール)

OSK200805280054    出典:asahi.com

湯木佐知子(ゆき さちこ)

生年は1937年(月日は不明)

年齢は78歳

学歴は甲南大学経済学部を卒業

 

湯木佐知子さんの父親は、日本を代表する料亭の

「吉兆」の創業者で文化功労者にも選ばれた「湯木貞一」さん

です。

 

湯木貞一さんは、ウナギ料理屋の「中現長」の後継者として

生を受け16歳のときに跡を継いでいます。

 

湯木貞一さんは、先代の父親の元で厳しい修行に励んでいましたが、

24歳のころに江戸時代の有名な茶人の「松平不味」が残した

茶会記」という書物を読んだことがきっかけで茶道の魅力に

傾倒していったそうです。

 

また湯木貞一さんは、自身の料理に茶懐石の要素を取り入れ

品格を向上させたいというビジョンを持つようになります。

 

湯木貞一さんは36歳のころに強く望んでいた、

茶道を本式に習うようになります。

 

財界の大物であり茶人としても有名だった「小林 一三」さん、

「松永安左エ門」さん、「畠山一清」さんたちと

親しくなっていったそうです。

 

湯木貞一さんが、創業した「御鯛茶処 吉兆」は当初

お客さんが全くない日もあったそうですが、

徐々に評判を呼び安定した営業をするようになっていきます。

 

ちなみに湯木佐知子さんは、湯木貞一さんの

3女として生を受けています。

 

■不祥事の影響は?

 

Sponser Link

 

船場吉兆は、福岡市にあった「岩田屋」というデパートの地下で

吉兆天神フードパーク」というテナントを出店していました。

 

しかし2007年に売れずに残ってしまった5種類

プリンやケーキのラベルを取り換えるなどして

消費期限」や「賞味期限」をごまかすなど偽装をしていました。

 

また大阪にあった本店の方も和牛の産地や

ブロイラーの鶏を地鶏とごまかし偽装していました。

 

その他にも牛肉や鶏肉の味噌漬けの産地を偽装したり、

お客さんが食べ残した料理を再び別のお客さんに出しています。

 

創業者の湯木貞一さんの名を地に貶めるような行為で、

前述の記者会見につながります。

 

結局、異常なほどに採算のことしか考えていない姿勢が

仇になり船場吉兆は廃業に追い込まれます。

 

船場吉兆は、大金をはたいて来店してくれる、

客のことを軽く見ていたと思わざる負えないでしょうね。

 

■現在、今は?

船場吉兆の女将で社長でもあった「湯木佐知子」さんは、

現在(今)は賃貸マンションで旦那さんと年金暮らし

をされているんだそうです。

 

また湯木佐知子さんは、時間を見つけると

神社やお寺にお参りに行っているようです。

 

自ら犯した罪を神社やお寺に行くことで

見つめ直しているのでしょうか?

 

詳しくは、「爆報!THE フライデー」で

語られるようなので放送の時間まで

首を長くして待ちましょうね。

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponser Link

 

 - グルメ・商品, 爆報!THE フライデー, 社会