たそがれ日誌

*

右代啓祐の嫁や子供や弟や妹は誰?コーチは誰?武井壮が師匠?経歴を調査!!

      2016/09/10

陸上競技選手の「右代啓祐」さんが、

リオデジャネイロ・オリンピックの開会式で

旗手を務めたことが話題になっています。

 

ついに、リオデジャネイロ・オリンピック開幕しましたね。

 

治安の悪さ」、「ジカ熱」、

リオ・グアナラバラ湾の汚染」など

問題が山積していたので、オリンピックが

果たして無事に開催されるのかとても

心配していました。

 

これから17日間トラブルもなく選手たちが

無事に日本に帰国できるように祈っています。

 

今回は、リオデジャネイロ・オリンピックの

開会式で旗手を務めたことが話題になっている

右代啓祐さんについて調べ簡単にまとめてみました。

 

Sponser Link

 

 

●右代啓祐さんの経歴

03   出典:spokon.jp

右代啓祐(うしろ けいすけ)

生年月日は1986年7月24日

年齢は30歳

出身地は北海道江別市

身長は196cm

体重は95kg

血液型はA型

学歴は国士館大学体育学部を卒業

所属は、スズキ浜松アスリートクラブ

種目は10種競技

 

右代啓祐さんは、北海道江別市で誕生しています。

江別市といえば、隣が札幌市でベッドタウンとしても機能しています。

右代啓祐さんは、小学生のときに球技のドッジボールの少年団に所属をされていたんだそうです。

ドッジボールといえば小学生の頃によくやった思い出があります。

その後、右代啓祐さんは中学校に進学をすると3年間で身長が20cmも伸びたんだそうです。

自分は身長があまり高い方ではないので右代啓祐さんに高身長になる秘訣を一度聞いてみたいものだなと思いました。

右代啓祐さんは次第に陸上選手として頭角を現し社会人になるころには、「日本選手権混成競技」で日本記録を塗り替えています。

2014年には、8308点という記録を打ち出して日本新記録で5連覇という偉業を成し遂げています。

 

■武井壮が師匠?

 

Sponser Link

 

右代啓祐さんは、元陸上競技の選手で現在はタレントとして活躍をされている

武井壮」さんのことを師匠と呼び慕っているんだそうです。

お二人の出会いは、武井壮さんが 「日本陸上競技連盟」の臨時のコーチに就任していた時のことだったそうです。

右代啓祐さんは、100mや1500mの走る競技が弱点だったそうですが、武井壮さんのアドバイスにより奮起して見事困難に打ち勝ったんだそうです。

相性もあるかもしれませんが、武井壮さんには指導者としても素晴らしい素質を持っているようですね。

 

■コーチは誰?

右代啓祐さんのコーチの方は、現在70歳の「青木誠一」さんです。

青木誠一さんの本業は布団職人なんだそうで、陸上競技の指導を受けた経験がないのにも関わらず、独学で勉強し練習したという異端の人です。

青木誠一さんは37歳のころに、自身の理論を証明するために陸上の大会に出場をされています。

また自宅の近所の子供たちに陸上競技の教室を開いているんだそうです。

また右代啓祐さんは、嫁さんがこの青木誠一さんの元で指導を受けていた縁で自身も指導を受けるようになります。

右代啓祐さんが陸上の10種競技で大成したのも青木誠一さんの指導の賜物だったんでしょうね。

 

■弟や妹は誰?

右代啓祐さんの弟さんは、「右代啓欣」(うしろ ひろよし)さんです。

お兄さんと同じくなかなか難しくて読めない名前の方ですね(笑)。

右代啓欣さんは、お兄さんの右代啓祐さんと一緒の10種競技の選手です。

 

また妹さんの「右代織江」さんも女子のやり投げの選手として2014年の

日本学生個人選手権」を優勝されています。

 

お兄さんの右代啓祐さんの活躍に刺激を受けて、右代啓欣さんや右代織江さんも

将来はオリンピックの代表に選ばれる日がやってくるかもしれませんね。

 

■嫁や子供は?

気になる右代啓祐さんの嫁さんは、国士館大学に在学をされていた時の同期生の

宮地ちほ」さんという方で、同じ陸上部だったそうです。

お二人は2013年の2月に結婚をされています。

またお二人には1年後の2014年にはお子さんも生まれています。

右代啓祐さんも家族の支援があってこそのオリンピック出場だったんでしょうね。

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponser Link

 

 - スポーツ