たそがれ日誌

*

脇坂英理子の祖先は脇坂安治だった!?家柄•祖先•子爵が気になる!?

      2016/11/12

●逮捕された脇坂英理子の祖先は脇坂安治で家柄は子爵だった!?

love_00885

3月9日に逮捕されたタレントで医師の

脇坂英理子の家柄は子爵だったと

話題になっています。

 

ちなみに脇坂英理子の祖先は戦国時代に

活躍した賤ケ岳の七本槍の一人、

脇坂安治だと

いうことです。

 

関ケ原の戦い以降は

伊予大洲藩5万3,000石

信濃飯田藩5万5,000石

播磨龍野藩5万3,000石

移封を経て明治時代以降は脇坂家は

子爵家になったということです。

 

それまでの脇坂英理子というと本業の医師の

話題よりも、ド派手なメイクとホスト遊びで

豪遊を繰り返しているいうことを話題に

しているタレントのイメージでした。

 

ですからこんな由緒正しい家柄だと

いうことを今回のニュースで初めて知り

大変驚きました。

 

自分は元々、戦国時代のような

荒々しい時代に魅力を感じる歴史好き

だったので先祖の脇坂安治について

いろいろと調べてみました。

 

Sponser Link

 

 

●脇坂安治とは?

250px-Wakisaka_Yasuharu02

生没年は1554年~1629年9月26日(満72歳没)

出身地は近江国浅井郡脇坂庄(現在の滋賀県長浜市小谷丁野町)

淡路洲本藩主(後に伊予大洲藩初代藩主)

家紋は輪違い

 

脇坂安治は、戦国時代から江戸時代初期に

かけての武将で賤ケ岳の七本槍の一人でもあります。

 

賤ケ岳の七本槍とは豊臣秀吉

子飼いの武将たちのことです。

 

脇坂安治自身は出世を繰り返して

後には大名にまで昇りつめました。

 

賤ケ岳の七本槍の他の同僚はというと

・福島正則 (筆頭)

・加藤清正

・加藤嘉明

・平野長泰

・糟谷武則

・片桐且元

以上になります。

 

加藤清正が一般的に一番有名ですよね。

朝鮮での虎退治熊本城名古屋城

縄張り(設計)をしたことでも有名です。

 

福島正則は賤ケ岳の七本槍の筆頭

活躍しましたが広島城を修理したことを

徳川幕府因縁をつけられて残念ながら

領地を改易(没収)されてしまいました。

 

Sponser Link

 

片桐且元は豊臣秀頼に仕えながらも

徳川家康に協力するという微妙な立場の

苦労人で脇坂安治と同じく子孫は

子爵になっています。

 

脇坂安治は賤ケ岳の戦い以降九州征伐、

小田原城の戦いなど豊臣秀吉の天下統一事業に

大いに貢献し朝鮮出兵でも活躍しました。

 

 

脇坂英理子の今回の

診療報酬不正請求での逮捕での

転落人生

 

立派なご先祖さまがあの世で

泣いていると思いました。

 

脇坂英理子には罪を償って

人生をやり直してもらいたい

と思いました。

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponser Link

 

 - 自然・歴史, 芸能