たそがれ日誌

*

山田喜久夫の現在(今)はわらび餅(喜久餅)の店主?NPOで野球教室を開催か調査!!

      2016/09/28

元プロ野球選手で「中日ドラゴンズ」で

投手として在籍をされていた

山田喜久夫」さんが

9月9日金曜日にTBSで放送される

爆報!THE フライデー」で

取り上げられますね。

 

自分は当時「落合博満」さんの大ファンだった

せいで中日ドラゴンズを応援していました。

 

しかし正直、山田喜久夫さんのことは

記憶に残っていませんでした。

 

山田喜久夫さんがプロ野球選手として

デビューした1990年は落合博満さんが

本塁打王と打点王を獲得したり、

抑えの剛速球投手として「与田剛」さんが

31セーブを挙げるなど大活躍し新人王

獲得した年でしたね。

 

しかし中日ドラゴンズは4位に終わり

優勝争いに絡むことはありませんでした。

 

前年の1989年から「藤田元司」監督が

就任した「読売ジャイアンツ」はとにかく強くて、

中日ファンとしては歯がゆい思いをした記憶が

残っています。

 

2016年のプロ野球のセ・リーグは

現時点では中日ドラゴンズは最下位と

残念ですが、「広島東洋カープ」が

25年ぶりの優勝の可能性が高まって

いて盛り上げっていますね。

 

どうかこのまま「クライマックスシリーズ」

でも勝利して優勝してもらいたいですね。

 

今回は、9月9日金曜日にTBSで放送される

「爆報!THE フライデー」で取り上げられる

元プロ野球選手の山田喜久夫さんについて調べ

簡単にまとめてみました。

 

Sponser Link

 

 

●山田喜久夫さんのプロフィール

218_profile_photo1_guideImg  出典:athletegai.com

山田喜久夫(やまだ きくお)

生年月日は1971年7月17日

年齢は45歳

出身地は愛知県弥富市

身長は173cm

体重は75kg

学歴は東邦高等学校を卒業

左投げ左打ち

 

山田喜久夫さんは、高校野球の指導者

として有名だった「阪口慶三」さんがいた

東邦高等学校」で野球を学んでいます。

 

山田喜久夫さんは、すぐに実力が開花し

エースとして大活躍をするようになります。

 

エースとしてチームを率いた山田喜久夫さんは

3度も「甲子園」に出場し2年生の春の大会で

準優勝と3年生の春の大会では見事優勝

輝いています。

 

その後、山田喜久夫さんは甲子園での

活躍が認められてプロのスカウトからも

注目を集めます。

 

結果1989年の「ドラフト会議」では

中日ドラゴンズから5位の指名を

受けています。

 

ちなみに1位は前述の与田剛さんで、

6位は内野手として複数の球団で活躍する

ことになる「種田仁」さんでした。

 

山田喜久夫さんは周囲の期待を集めて

中日ドラゴンズに入団し主に中継ぎとして

登板しチームの勝利に貢献されています。

 

その後、山田喜久夫さんは広島東洋カープに

移籍し1999年いっぱいでユニフォームを

脱いでいます。

 

■NPOで野球教室を開催?

 

Sponser Link

 

山田喜久夫さんは、

クラブ ウィニングフィールド」という

NPO法人」(特定非営利活動法人)の

野球塾を立ち上げ幼稚園から小学生までの

65人を指導しているんだそうです。

 

ちなみに「クラブ ウィニングフィールド」は

健全な精神を持つ少年少女を育てるために

活動をされているんだそうです。

 

山田喜久夫さんは、この野球塾の活動を通じて、

いじめや引きこもりなどの社会問題などにも

向き合っているんだそうです。

 

スポーツは技術や体力の向上だけではなく、

礼儀や団体行動など社会人になっても

役に立つことを学ぶことが出来るんでしょうね。

 

■現在(今)は、わらび餅(喜久餅)の店主?

山田喜久夫さんは現在、4歳年上の

嫁さんの「尚美」さんと共に

わらび餅の「喜来もち ろまん亭

というお店を切り盛りされています。

 

山田喜久夫さんは現役を引退後、

コーチをされていましたが、

ある日突然球団事務所に呼ばれ

解雇を宣告されてしまったんだそうです

 

その後、自動車のETCの営業を経て

知り合いのつてを頼ってプロ野球の

世界とは全く異なる和菓子職人

世界に飛び込んだんだそうです。

 

山田喜久夫さんは厳しい修行に耐えた結果、

見事一人前の和菓子職人として独立し

ナゴヤドーム」の近く店を開き

自身の名前をもじった「喜久餅」(120円)という

わらび餅を販売されています。

640x640_rect_32851981     出典:tabelog.com

このわらび餅は一日240個

用意していますが、大人気で

完売してしまうんだそうです。

 

また「生チョコわらび餅」というのも

販売をしていてこちらも大人気で

バレンタインデーには500個

売れるそうです。

 

食べログ」で「喜来もち ろまん亭」の評価を

見ましたが平均点が3.17でした。

 

食べログの平均点が3.5以上だと

名店だという話を聞いたことがあります。

 

プロ野球の世界とは違い接客や経営など

とても大変でしょうが、頑張ってお店を

繁盛させてもらいたいなと思いました。

 

今後も山田喜久夫さんがわらび餅店の

店主やNPOの代表として活躍していって

もらいたいなと思いました。

 

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponser Link

 

 - グルメ・商品, スポーツ, 爆報!THE フライデー